健康のカギを握る腸内環境改善カルテ
健康のカギを握る 腸内環境改善カルテ
腸内環境を改善して体も心も元気になりましょう
このサイトでは、心と体を健康にするための第一歩として、腸内環境を改善できる方法をまとめています。なかでも健康への近道は、善玉菌を増やす事です。手軽に摂れて効果が期待できる食品も紹介していますので、チェックしてみてください。
善玉菌を増やす食品とは?
腸と健康の教科書
腸内環境を改善して善玉菌を増やす成分
腸をきれいにして得られる7つの嬉しい効果

アトピー緩和効果

腸内環境を改善することは、アトピー性皮膚炎の緩和にもつながるといわれています。アトピーと腸との関係について解説します。

アトピー性皮膚炎と腸内環境の関係

アトピー性皮膚炎の原因は、まだはっきりとわかっていない部分もありますが、一般的に、肌のバリア機能が低下したところに、アレルゲンが侵入することで起こるといわれています。

アレルゲンも人によってさまざまで、ダニ、ほこり、花粉、食べ物、動物の毛のほか、汗や乾燥、衣類の摩擦、寝不足、ストレスなどによって引き起こされることもあります。

腸内環境が悪化することで起こる便秘とアトピーも関わりがあります。便秘の人は自律神経が安定していないことが多々あります。

交感神経が優位になると腸のぜんどう運動が衰え、副交感神経が優位になるとリラックスして便が出やすくなるのですが、アトピーの症状が悪化しているときというのは、交感神経が優位になっていますから、便秘になりやすい状態ともいえるでしょう。

アトピーを緩和するための腸内環境改善方法

腸内環境を改善することで、アトピーの症状がよくなったという人もたくさんいます。

まずは食事の見直しから始めましょう。肉類や甘いもの、添加物の多い食品は避けるようにするのがポイントです。

アトピーは、皮膚の内部に侵入したアレルゲンに対し、免疫細胞が過剰に攻撃してしまうことによって、炎症やかゆみを引き起こしますが、腸内の善玉菌は、免疫細胞に働きかけて、過剰に反応することを抑える作用があるといわれています。

子供画像

アトピー性皮膚炎の子どもの腸内には、ビフィズス菌や乳酸菌が少ない」というデータもあるといわれていますから、積極的に乳酸菌やビフィズス菌を摂るのもいいでしょう。ただし、乳酸菌を多く含んでいる発酵食品やヨーグルトは、人によっては、アトピーの症状を悪化させる恐れがあるといわれています。

そこで、腸内のビフィズス菌のエサとなって、善玉菌を増やす働きのあるオリゴ糖がおすすめです。オリゴ糖には、甘味を感じやすいものもあるので、砂糖を控えなくてはいけないアトピー性皮膚炎の人には、砂糖の代わりとしても使えます。

ストレスもアトピーの原因になりますから、アトピーを改善するためには、ストレスを軽減することも必要です。腸内環境の改善は、ストレス緩和にも効果があるといわれており、その点においても、アトピーの改善につながると考えられます。

 
健康のカギを握る腸内環境改善カルテ