健康のカギを握る腸内環境改善カルテ
健康のカギを握る 腸内環境改善カルテ
腸内環境を改善して体も心も元気になりましょう
このサイトでは、心と体を健康にするための第一歩として、腸内環境を改善できる方法をまとめています。なかでも健康への近道は、善玉菌を増やす事です。手軽に摂れて効果が期待できる食品も紹介していますので、チェックしてみてください。
善玉菌を増やす食品とは?
腸と健康の教科書
腸内環境を改善して善玉菌を増やす成分
腸をきれいにして得られる7つの嬉しい効果

体臭改善効果

体臭や口臭、おならにも、腸内環境が影響していることがあります。腸内環境をよくして臭いを改善する方法を紹介します。

腸内環境が体臭・口臭の原因に!?

油っぽい食事や肉中心の食事が続いたり、ストレス、睡眠不足などによって、善玉菌が増え、腸内環境が悪化することがあります。

この腸内環境の悪化によって、体のにおいも臭くなるということはご存知ですか?

悪玉菌が優位な腸内環境になると、体内に老廃物がたまって腐敗し、アンモニアや硫化水素、インドール、スカトールなどの有害成分を発生させます。

アンモニアはいわゆる尿の成分、硫化水素は、温泉のようなにおい(俗にいう硫黄のようなにおい)、インドールとスカトールは、おならや便のにおいのもととなる成分です。

これでお分かりになると思いますが、腸内環境が悪化すると、腸内には臭いにおいが充満することになります。すると当然、おならや便のにおいは臭くなります。

このにおいの成分は、腸内にとどまっているだけではありません。なんと、水分と一緒に血液に吸収されてしまいます。すると、血液に乗って全身を巡ってしまうのです。血液が臭くなると、血液中の血しょうから作られる汗も臭くなり、結果として体臭が臭くなってしまいます。

血液の一部は肺に達し、呼吸として口からも排出されますから、それによって口臭も臭くなります。

また、腸内環境が悪化すると便秘になり、腸の中に便やガスをため込んでしまいます。腸内で腐敗が進んでいきますから、便秘の時のおならも臭くなるのです。

腸内環境を改善するとおならも臭くない

腸内環境がよくなると、おならも臭くなくなります。

腸内環境をよくして体臭を改善するためには、乳酸菌や食物繊維、オリゴ糖などを摂取するのがおすすめです。

さつまいも画像

サツマイモやゴボウなどの野菜や海藻、こんにゃくなど、食物繊維が豊富な食べ物は、便秘にも効果がある食物です。

乳酸菌は、発酵食品に豊富に含まれているので、毎日の食事に、ヨーグルトやチーズ、味噌、醤油、漬物などをプラスしてみましょう。

善玉菌の代表といえばビフィズス菌ですが、ビフィズス菌は、単体で摂るだけでは不十分。ビフィズス菌を長く活躍させるためには、ビフィズス菌の栄養源となるオリゴ糖が必要不可欠です。

 
健康のカギを握る腸内環境改善カルテ