健康のカギを握る腸内環境改善カルテ
健康のカギを握る 腸内環境改善カルテ
腸内環境を改善して体も心も元気になりましょう
このサイトでは、心と体を健康にするための第一歩として、腸内環境を改善できる方法をまとめています。なかでも健康への近道は、善玉菌を増やす事です。手軽に摂れて効果が期待できる食品も紹介していますので、チェックしてみてください。
善玉菌を増やす食品とは?
腸と健康の教科書
腸内環境を改善して善玉菌を増やす成分
腸をきれいにして得られる7つの嬉しい効果

ダイエット効果

腸内環境をよくすることで、ダイエット効果が得られるというのを知っていましたか?なぜ痩せられるのか。腸と肥満の関係について解説します。

ダイエットするならまずは腸内環境の改善を

ダイエットイメージ画像

肥満タイプの人と、肥満タイプでない人とでは、腸内細菌の種類に違いがあるともいわれています。

腸内環境が変わると、腸の栄養吸収も変わり、肥満にも関わってくるという研究もあります。

ある実験によると、肥満の人と痩せた人、それぞれの腸内細菌をマウスに移植し、その後、同じエサを同じ量だけ与えたところ、肥満の人の腸内細菌を移植したマウスのほうが、痩せた人の腸内細菌を移植したマウスよりも、体重が増え、脂肪も多くなったという結果が得られました。

また、大腸炎などの治療として、健康な人の糞便を腸内に移植する「糞便移植」という治療法があるのですが、肥満気味だった糞便提供者の糞便を移植したことによって、肥満体型になってしまったという話もあります。

腸内環境を改善するとなぜダイエットできるのか

前述のマウスの実験において、その後、肥満の人の腸内細菌を移植したマウスと、痩せた人の腸内細菌を移植したマウスを一緒にし、互いの糞を食べた結果(マウスには糞を食べる習性があります)、肥満の人の腸内細菌を移植したマウスは体重が減ったそうです。痩せた人の腸内細菌を移植したマウスには変化は見られませんでした。

この結果、痩せた人の腸内フローラのほうが、細菌の種類も多く、影響力が強いということが考えられます。

また、食べ物をきちんと消化吸収できるよう、腸内環境を整えると、栄養がしっかり吸収できるので、少しの量でも満腹感が得られるようになります。

こうした腸内環境では、腸も活発に動くようになり、便秘も解消されます。

腸内環境がよくなると、新陳代謝もよくなるので、脂肪も燃焼しやすくなり、痩せやすい体になるのです。

肥満の解消につながる腸内環境改善方法

腸内が、悪玉菌優勢の状態では、ダイエットをしても高い効果が得られません。まずは、悪玉菌を抑え、善玉菌を増やすことが大切です。

善玉菌の好物であるオリゴ糖や食物繊維を摂って、善玉菌を増やしたり、乳酸菌で腸内を酸性にして、腸の働きを促しましょう。

 
健康のカギを握る腸内環境改善カルテ