健康のカギを握る腸内環境改善カルテ
健康のカギを握る 腸内環境改善カルテ
腸内環境を改善して体も心も元気になりましょう
このサイトでは、心と体を健康にするための第一歩として、腸内環境を改善できる方法をまとめています。なかでも健康への近道は、善玉菌を増やす事です。手軽に摂れて効果が期待できる食品も紹介していますので、チェックしてみてください。
善玉菌を増やす食品とは?
腸と健康の教科書
腸内環境を改善して善玉菌を増やす成分
腸をきれいにして得られる7つの嬉しい効果

花粉症改善効果

つらい花粉症のアレルギー症状も、腸内環境を整えることで改善することができます。花粉症の症状緩和方法についてまとめています。

花粉症と腸内環境の関係

日本人のおよそ4人に1人が花粉症だといわれています。

スギ花粉画像

花粉症は、花粉=アレルゲンが体内に入ることで、それを異物と判断した免疫細胞が、IgE抗体という物質を作ります。その後、再び花粉が体内に入って来ると、IgE抗体はこのアレルゲンを排除しようと、防衛反応を示します。その結果、くしゃみ、鼻水、涙などアレルギー症状となって現れるのです。

日本で同じように生活し、同じように花粉が体内に入っているはずなのに、花粉症になる人と花粉症にならない人がいます。花粉症は、IgE抗体が許容量を超えると発症すると考えられており、その許容量には個人差があります。ですから、早くに花粉症を発症する人もいれば、遅くに発症する人や、そもそも発症しない人もいます。

くしゃみ、鼻水、かゆみ、だるさなど、つらい症状をもたらす花粉症ですが、腸内環境を改善することによって、これらの症状を緩和することもできます

腸内環境を改善して花粉症のアレルギー症状を緩和する

市販されているヨーグルト全てに効果があるわけではありません。花粉症に効果が期待できるのは、ヨーグルトそのものではなく、配合されている乳酸菌なのです。

乳酸菌の種類は数千ともいわれていますから、中には花粉症に効果のあるものも、ないものもあります。

メーカーによってヨーグルトに入っている乳酸菌は異なります。その乳酸菌がどのような特性を持っているのか、メーカーのホームページなどで調べることができます。

ある研究データによると、花粉症の症状を緩和させる効果のある乳酸菌があるそうです。

  • L‐92乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルスL‐92株)
  • L‐55乳酸菌(ラクトバチルス・アシドフィルスL‐55株)
  • BB536乳酸菌

また、乳酸菌と同じ様に善玉菌の代表格であるビフィズス菌や、善玉菌を増やす働きを持つオリゴ糖を摂取することでも、腸内環境が整えられます。

それにより、花粉などの刺激に対抗する免疫細胞を正常に働かせたり、自律神経のバランスが乱れるのを防ぎ、くしゃみ等のアレルギー症状を抑制してくれたりします。

免疫力の向上や自律神経を整えることは、花粉症以外のアレルギー症状にも有効です。

 
健康のカギを握る腸内環境改善カルテ