健康のカギを握る腸内環境改善カルテ
健康のカギを握る 腸内環境改善カルテ
腸内環境を改善して体も心も元気になりましょう
このサイトでは、心と体を健康にするための第一歩として、腸内環境を改善できる方法をまとめています。なかでも健康への近道は、善玉菌を増やす事です。手軽に摂れて効果が期待できる食品も紹介していますので、チェックしてみてください。
善玉菌を増やす食品とは?
腸と健康の教科書
腸内環境を改善して善玉菌を増やす成分
腸をきれいにして得られる7つの嬉しい効果
腸内環境改善カルテHOME » 腸と健康の教科書

腸と健康の教科書

さまざまな腸内細菌の種類や、腸内環境が体に及ぼす影響など、腸と健康の関係についてまとめています。

腸の健康は全身の健康

テレビなどでも話題になっている「腸内フローラ」。これは、人間の腸内にある細菌の集団のことをいいます。

人間の腸は、お母さんのお腹にいるときは無菌状態になっています。生後3日目くらいから、善玉菌のビフィズス菌が増え、赤ちゃんの頃の腸内フローラは、善玉菌がはるかに多い状態です。

離乳食が始まるにつれ、善玉菌が減り、悪玉菌が増えていきます。悪玉菌が優位の腸内フローラになると、さまざまな健康被害が現れ出すのです。

人間の腸内には、100種類以上、100兆個もの腸内細菌があるといわれています。それらは、その働きによって善玉菌悪玉菌日和見菌の3種類にわかれます。

善玉菌は、ビタミンを作ったり、消化吸収をサポートしたり、免疫力を高めるなど、体にいい影響をもたらします。

反対に、悪玉菌は、下痢や便秘を引き起こして腸内を腐敗させたり、体の抵抗力を弱めたりしてしまうのです。

日和見菌はどちらにも属さず、普段は何もしないおとなしい菌ですが、免疫力が弱っているときには、腎炎や膀胱炎などの日和見菌感染症を引き起こすことがあります。

腸内環境を改善するために大切なのは食事です。    悪玉菌の好む肉類を控え、善玉菌の好きな発酵食品や食物繊維をしっかり摂るようにしましょう。発酵食品には乳酸菌がたくさん含まれています。ヨーグルトやチーズ、味噌、しょうゆ、漬物などを毎日の食事に取り入れるといいでしょう。

適度な運動も、腸の働きを活発にするのでお勧めです。激しい運動は交感神経を優位にしてしまうので、軽めの運動にしておきましょう。

ストレスをためないことも重要。腸内環境をよくするためには、副交感神経が優位な状態が望ましいのです。

腸内環境が悪化すると引き起こされるのは、体の不調だけではありません。腸は、セロトニンという精神を安定させるための神経伝達物質を作り出しています。セロトニンが不足すると、やる気が出ない、落ち込む、などの症状があらわれます。腸内環境の悪化は、不眠やうつなどの一因でもあると考えられています。

 
健康のカギを握る腸内環境改善カルテ