健康のカギを握る腸内環境改善カルテ
健康のカギを握る 腸内環境改善カルテ
腸内環境を改善して体も心も元気になりましょう
このサイトでは、心と体を健康にするための第一歩として、腸内環境を改善できる方法をまとめています。なかでも健康への近道は、善玉菌を増やす事です。手軽に摂れて効果が期待できる食品も紹介していますので、チェックしてみてください。
善玉菌を増やす食品とは?
腸と健康の教科書
腸内環境を改善して善玉菌を増やす成分
腸をきれいにして得られる7つの嬉しい効果
腸内環境改善カルテHOME » 腸と健康の教科書 » 最近話題の「腸内フローラ」とは

最近話題の「腸内フローラ」とは

近頃、よく耳にする「腸内フローラ」という言葉。腸内フローラとは何か、身体にどのような影響を与えるのかなどについて解説します。

人間の健康に影響するという腸内フローラとは

人間の腸の中には、100種類以上、約100兆個もの細菌が住みついているといわれています。これらの細菌が集まっている様子が、まるで花畑(フローラ)のように見えることから「腸内フローラ」と名づけられたのだとか。

腸内に住みついている細菌は、その種類も数も、人によって異なります。また、生活習慣やストレスなどによっても変わってきます。

腸内フローラを形成する細菌には、「善玉菌」、「悪玉菌」、「日和見菌」があります。

健康な人の場合、善玉菌が悪玉菌を抑えるように、腸内フローラが形成されていますが、体調を崩すなどして悪玉菌が優位になってしまうと、腸内にアンモニアやフェノール、インドールなどの有害物質が増えます。これらの有害物質は、臭いおならや便を生み出したり、肝臓や腎臓、心臓に負担を与え、ガンなどの原因にもなるといわれています。

加齢とともに減っていく善玉菌

赤ちゃん画像

人間は、お母さんのお腹にいるときは、無菌状態になっています。生まれるとすぐに大腸菌やウェルシュ菌などの悪玉菌が入り込んできますが、生後3日目くらいからビフィズス菌が急激に増え、腸内フローラが形成されていきます。

離乳食を食べ始める頃になると、さらにいろいろな菌が増え、その人の腸内フローラが決まるといわれています。

若い頃は、ビフィズス菌などの善玉菌の数が多かったのが、年齢を重ねるうちに善玉菌が減り、悪玉菌が増えていきます。すると、悪玉菌優位の腸内フローラとなり、さまざまな健康被害が現れてくるのです。

今後期待されている腸内フローラの研究

腸内フローラにまつわる研究は、いまから300年以上前に始まりました。いまから200年ほど前には、腸内フローラを作り出す細菌の種類も見つかっているものの、腸内フローラについての系統だった研究は行われてきませんでした。

その後、1970年代以降、日本人の光岡知足氏によって、腸内フローラと人間の健康との関係について、明らかにされたといわれています。

今後、ガンや糖尿病などの生活習慣病、うつ病などの病気との関わりや、美容面での関係など、腸内フローラの研究は、さらに進んでいくと考えられています。

 
健康のカギを握る腸内環境改善カルテ