健康のカギを握る腸内環境改善カルテ
健康のカギを握る 腸内環境改善カルテ
腸内環境を改善して体も心も元気になりましょう
このサイトでは、心と体を健康にするための第一歩として、腸内環境を改善できる方法をまとめています。なかでも健康への近道は、善玉菌を増やす事です。手軽に摂れて効果が期待できる食品も紹介していますので、チェックしてみてください。
善玉菌を増やす食品とは?
腸と健康の教科書
腸内環境を改善して善玉菌を増やす成分
腸をきれいにして得られる7つの嬉しい効果
腸内環境改善カルテHOME » 腸と健康の教科書 » 善玉菌・悪玉菌・日和見菌の特徴~腸内細菌の種類~

善玉菌・悪玉菌・日和見菌の特徴~腸内細菌の種類~

お腹の調子を左右する腸内細菌には、善玉菌、悪玉菌、日和見菌の3種類があります。それぞれの特徴と代表的な菌を紹介しましょう。

腸内細菌の種類と特徴

腸内フローラを形成する腸内細菌は100種類以上あり、その数は約100兆個ともいわれています。

腸内細菌は、その働きによって「善玉菌」「悪玉菌」「日和見菌」の3種類にわけられます。

善玉菌は、体にいい作用をもたらす菌。ビタミンを合成したり、消化吸収を助けたり、免疫を刺激して病気の感染などを防ぐ働きがあるのです。こうした働きによって、健康が維持され、老化予防にもつながるといわれています。代表的な善玉菌は、ビフィズス菌や乳酸菌などです。

これに対し悪玉菌は、腸内を腐敗させ、有害物質を作り出す作用があります。下痢や便秘を引き起こし、体の抵抗力を弱め、病気の原因にもなってしまうのです。さらには、発がん性物質を作り出す恐れも。体の健康を阻害する悪玉菌の代表は、ウェルシュ菌、ブドウ球菌、大腸菌(有毒株)などです。

善玉菌、悪玉菌のどちらにも属さないのが日和見菌です。日和見菌は、健康な時は何の悪さもしないのですが、免疫力が落ちて体が弱っていると、敗血症や腎炎、膀胱炎などの日和見菌感染を引き起こすことがあります。代表的な日和見菌は、バクテロイデス、大腸菌(無毒株)、連鎖球菌などです。

年齢とともに変わる善玉菌・悪玉菌の数

善玉菌、悪玉菌、日和見菌の割合は、健康な人の場合、善玉菌20%、悪玉菌10%、日和見菌70%になっているといわれています。このバランスは、その日の体調によっても変化しますし、加齢によっても変化していくのです。

無菌状態の胎児にはじまり、赤ちゃんの頃は、母乳に含まれている乳糖やガラクトオリゴ糖の成分によって、ビフィズス菌の多い腸内環境になっています。その数は腸内の細菌の95%ともいわれており、赤ちゃんのうんちがヨーグルトのようなにおいがするのは、ビフィズス菌の影響だといわれています。

離乳食を食べ始める頃には、大人と同じような腸内フローラとなり、さらに年齢を重ねて高齢になると、ビフィズス菌が減少してウェルシュ菌などの大腸菌が増えていく傾向が見られます。

 
健康のカギを握る腸内環境改善カルテ